2017/09/19

正論を振りかざしてはダメ!正論は人を傷つけるから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「話し相手&傾聴のプロ」コールセンター歴16年 電話を通したお客様対応において、クレーム対応など数々の修羅場を経験。今は電話を使った話し相手サービスの運営とコンサルタント育成専門家として複業中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは! ガス抜き屋 近藤です。

正論は相手を傷つけ、相手との関係性を悪化させます。

なぜなら、正論を言われた方は、次のような状況や感情になるからです。

  • 「正しいことを論じる」られると、上から目線に感じてしまう。
  • 自分が悪いとわかっていても、正論を言われると素直に受け入れられない。
  • 正しいからこそ、逃げ道をふさがれて、精神的に追いつめられてしまう。

具体的にはこんな感じです。

正論を振りかざしてはダメな理由

上から目線に感じるから

正論を言われる時は、大抵ミスや問題が発生し怒られる・諭されるなどの状況になった場合なので、その時点で正論を言う方と言われる方で立場の差ができています。

その立場の差をわかっているはずなのに、ひたすら正論を言い続けるられることは、言われる側からすると

  • ミスや問題の改善対応のために怒られているのか
  • 自分の立場が優位なことをアピールしたいのか
  • 個人的な感情からくるストレス解消や八つ当たりのたぐいなのか

話を聞いていても、何が目的なのかわからなくなり、不信感につながります。

立場に差ができている以上、逆に正論ではなく相手の立場に立った話し方ができなければ、上から目線を取り去ることはできません。

素直に受け入れられないから

正論を素直に受け入れられない理由、それは正論が「正しいだけ」だからです。

例えば、職場で報告ルールを守らなかった結果、得意先からクレームが入った時に、正しいルールを突きつけて「決められたルールを守らず、なぜ・どうしてこうなった?」とミスを追求することは簡単です。

でも、ミスをした方にはいろいろな事情や状況があり、そのタイミングでの最善策として、ルールから逸脱した可能性があります。

悪意を持って報告ルールを守らなかった訳ではないから、考慮してほしいことや反論したいことがあるはずですが、正論はその余地を与えません。

百歩譲って、正論を言う人が完璧で、この人なら言われてもしょうがない。甘んじて受け入れるしかないという場合には納得できるかもしれません。

実際のところ、多くの場合「そういう自分はどうなの?」と思わせる人に限って、正論を振りかざすことを好みます。相手の言うことに耳を傾けようともしません。

相手に対する配慮や思いやりの気持ちがない「正しいだけ」の話を、立場の違いだけで素直に受け入れるのは、むずかしいことです。

とにかく、息苦しいから

人生において、他人から自由を奪われること、逃げ道をふさがれることほど、不安でこわいものはありません。

正論は、精神面だけとはいえ、逃げ道をふさぎ、今いる場所さえも奪おうとします。

人は、最終的には理屈やルールではなく、感情に動かされる生き物です。

その場で息苦しさを感じれば、当然、気持ちよく過ごせるところへ避難しようとします。

正論を言う人が息苦しさの原因であるならば、それには近づかないことを選びます。

正論と息苦しさは切り離せないものですので、正論ばかり言う人の周りからは、必然的に人がどんどん離れていきます。

あなたの周りに正論を振りかざす人がいたら

その人には申し訳ないのですが、思い切ってスルーしましょう^^

もちろん、大人として反省すべき点は反省する前提ですよ。

正論で怒られている時、指摘されている時は、つらいし、傷つくし、腹が立つこともあると思います。

その場では、グッと堪えて、その嵐が去ったら、忘れましょう!

 

なぜなら、正論ばかり言う人には、自分はやらない・動かない人が、とても多いからです。

それは

  • 自分が言った正論で、自ら失敗してしまうことが怖いから。
  • 自分が失敗すると、怒った相手に対して、示しがつかなくなるから。

だから、正論ばかり言う人のことを、気にしすぎる必要はありません。

だって、あなたは、そう判断した確かな理由を持っているし、もう反省している訳です。

何より動いて失敗している方が、動かないで言うばかりの人よりも、絶対にすごいしエライですから^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「話し相手&傾聴のプロ」コールセンター歴16年 電話を通したお客様対応において、クレーム対応など数々の修羅場を経験。今は電話を使った話し相手サービスの運営とコンサルタント育成専門家として複業中。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 仕事の悩み相談専門 こんちゃんのブログ , 2017 All Rights Reserved.