2018/03/27

プロフィール

近藤 健吾 のプロフィール

 

話し相手&傾聴のプロとして、「話し相手サービス ガス抜き屋」を運営しています。

これまではこんな仕事をしてきました

大学を卒業後、食品メーカーの営業部門で3年間、その後テレマーケティング会社に転職。主にコールセンターで約16年間正社員として働きました。

コールセンターでは色々な業種のクライアント内でお仕事をさせていただき、正社員・契約社員・アルバイトと雇用形態を問わず、延べ1,000人以上の多くの人たちと一緒に仕事させていただきました。

また、食品メーカーの営業では経験することの少なかった電話のみで対応を完結させることや、人と深く接する仕事(採用面接やスタッフ面談など)を通じて、幅広いコニュニケーション力を身につけることができました。

 

そんな中で学んだ、人と接するうえで大切なこと

人と接するうえで大切なことは、傾聴すること。

「相手に興味を持って寄り添って、最後の最後まで話を聴く側にまわること」でした。

なぜなら多くの人は、誰かに話を聞いてもらうことで

  • 抱えている不安や不満を軽減・解消できる時があります。
  • 迷いが消えて考えがまとまり、一歩前に進める時があります。
  • 遠慮の陰に隠れていた本当の自分を表現できる時があります。
  • 忘れていた自分の強みや長所を思い出し、自信を回復できる時があります。
  • 自分の持っている問題や課題を自分で解決できる時があります。

 

サラリーマン人生に対する考え方が変わった大きなきっかけ

関西人である僕が異動で住み慣れた大阪を離れ、新しい土地にも馴染んできた勤続10年目を迎える頃でした。

12月のある夜、大量の寝汗で真夜中に目が覚めました。

自分では何が起きたのかわからず、とても混乱しました。

暖房は喉を痛めるので苦手で使ってないし、いつもと変わらない1日を過ごしたはずなのに‥。

後日、ネットで調べたところ、自律神経失調症の症状にかなり当てはまりました。

病院には怖くて行けず、会社には当然言えず、妻にも打ち明けることができませんでした。

今思えば、とても危険な判断だったと反省していますが、当時は「大丈夫!なんとかなる」と必死で自分に信じ込ませました。

ひたすら自己啓発やメンタルヘルス系の本を読み、昼食もそこそこに残りの休憩時間をただただ昼寝に使って睡眠不足を補っていました。

そんな生活が約3ヶ月間続きました。

幸運なことに症状は緩和され、やがて元の生活に戻ることができましたが、この経験がサラリーマン人生に対する捉え方を大きく変えるきっかけとなりました。

人生、何が起こるかわからない。

でも、思いがけない事態に直面した時、それに対応できるのは自分しかいない。

心も体も元気なうちに準備をしなければと強く思いました。

 

心の不調では自分では気づけない

僕はメンタルが強いタイプではないとの自覚があったので、「自分に限って心の病になることはない」なんて過信したことは全くありませんでした。

逆に心の変化には敏感に気づける方だと思っていました。

でも、実際は違いました。

「心の不調は自分では気づけない」この事実を思い知らされました。

と同時に、一緒に働いている多くの人たちも自分の心の変化に気づいていないことがわかりました。

僕の目からは明らかに危険信号が出ているように見えるのに、頑張り続けてしまう人たちのことを初めて理解できた瞬間でした。

 

話し相手サービスを通じて、あなたにお約束すること。そして、夢。

これまでの経験を生かして、お電話・対面であなたのお話を最後まで誠実に集中してうかがうことをお約束します。

お話し中に

「本当にちゃんと話を聞いてくれているのかな…。」

「自分の話に興味を持っていないのでは…。」

とあなたを不安にさせるようなことはしません。

あなたの立場や心境に近づけるように努力をします。

もちろん、あなたから求められれば、僕の意見や想いを伝えます。

僕と比べて、多くの資格や高いスキルを持っている。もっと安価でサービスを提供されている方。

ガス抜き屋と比べて、多くのスタッフさんが在籍されている会社やお店はたくさんあります。

残念ながら料金や規模では勝てないかもしれません。

でも、ひとりで運営しているからこそ、必ず僕が担当し、あなたの話を聴くことができます。

臨機応変にあなたのご希望・ご要望を叶え、満足していただくことができます。

僕があなたにとって「何か」のお役に立てるのならば、本当にうれしいです。

あと、夢があります。

僕と同じように「人の話を聴くこと」を仕事にしてみたいと考えている人のお手伝いをさせて欲しいと考えています。

「聞き上手」になりたい!そんな目標のお手伝いもさせてください。

さらに高齢化が進み、ひとりぼっちのお年寄りが増える。

AIが人の仕事を奪う。学校の先生に変わり、子供の勉強までAIが教える。

そんな時代がそこまで近づいている今、大切なのは、人と人とが普通の会話をすることだと信じています。

 

人生100年時代・複業時代に向けて 「モヤモヤ」から「ワクワク」へ

お客様より、よくこんな話を伺います。

  • 「仕事を今すぐ辞めたいけど、他にできることがないので、しがみつくしかない・・・」
  • 「毎日、朝を迎える度にお腹が痛くなるので、必死で出勤している・・・」
  • 「仕事が忙しすぎて、趣味や好きなことに割く時間もない、つらい・・・」
  • 「自分には何の取り柄もないから、今後、どうしていけばいいのかわからない・・・」

 

実際にお話をさせていただいている僕からすると、

今、忙しすぎて自信を無くされていたり、楽しいことを考える時間を奪われているだけで、本来はその人だけの強みを必ず持っているのに、それが見えなくなってしまっていることが、とてももったいないと思っていました。

 

話し相手サービスは、愚痴や悩みを聞くことで「マイナスからゼロに戻す」お手伝いはできますが、プラスにできるだけのお客様にとっての望む未来をお見せすることができません。

 

そこで、新たにコンサルタントとして「ゼロからプラスに変える」お手伝いをさせていただくことに決めました!

 

コンサルタント育成専門家として近サルブログを運営しておりますので、ぜひ、のぞいてみてください。

あなたの強みや長所を生かして、コンサルタント業を始めるためのサポートを全力でやってます!!

 

最後になりましたが、僕は

  • 埼玉生まれの兵庫育ちの関西人で、今は大阪に住んでいます。
  • 1971年生まれ お客様から、関西弁・大阪弁でしゃべってとのリクエストをよくいただいています!
  • 既婚・小学生の子供が2人います。反抗期が始まって、毎日大騒ぎです。
  • メンタルケアカウンセラー®︎の資格を持っています。
  • 喜怒哀楽を表情に出すのが苦手なため、こんな感じの写真ですが、お話をうかがう際は穏やかで優しい印象だとお客様にはおっしゃっていただいていますので、ご安心ください^^

 

 

 

 

Copyright© 仕事の悩み相談専門 こんちゃんのブログ , 2017 All Rights Reserved.